新しいBeelink GT-Kingフラッグシップ(Amlogic S922X)完全なレビュー

5 944

記事の最後にあるレビューを読んでください。

最後に、編集者はBeelink GT-Kingを受け取り、新しいコンソール、その機能、長所と短所について詳しく話し、購入する価値があるかどうかを確認します。

技術仕様から始めましょう。

技術特性

CPUCPU S922XクアッドコアARM Cortex-A73およびデュアルコアARM Cortex-A53
命令セット32bit
リソグラフィー12nm
周波数1.8GHz
RAMLPDDR4 4GB 2800MHz
ROM3D EMMC 64G
GPUARM MaliTM-G52MP6(6EE)GPU
グラフィックス周波数800MHz
サポートされているディスプレイx HDMI、1 x CVBS
Аудио内蔵DAC x1 L / R、x1 MIC
イーサネットRTL8211F x1 10 / 100 / 1000M LAN
ブルートゥースBluetoothの4.1
WIFIMIMO 2T2R 802.11 a / b / g / n / ac 2,4G 5,8G
インターフェースDCジャックx1 12V 1.5A
x1 USB2.0ポート、x2 USB3.0ポート
x1 HDMI 2.1 Type-A
x1 RJ45
SPDIF x1オプティカル
AV x1 CVBS、L / R
x1 TFカードシート
x1 PDM MIC
x1赤外線レシーバー
x1アップグレードボタン
ОСAndroidの9.1
食品アダプター入力:100-240V〜50 / 60Hz、出力:12V 1.5A、18W
サイズ108h108h17
重量189グラム

サポートされているハードウェアデコード形式と解像度

4Kx2K @ 60fps + 1x1080P @ 60fpsまでのマルチビデオデコーダをサポート

複数の「保護された」ビデオデコードセッションと同時デコードおよびエンコードをサポート

H.265 / HEVCメイン/ Main10プロファイル@レベル5.1上位層。 4Kx2K @ 60fpsまで

VP9プロファイル-2〜4Kx2K @ 60fps

H.265 HEVC MP-10 @ L5.1〜4Kx2K @ 60fps

AVS2-P2 4Kx2K @ 60fpsまでのプロファイル

H.264 AVC HP @ L5.1〜4Kx2K @ 30fps

264P @ 1080fpsまでのH.60 MVC

MPEG-4 ASP @ L5〜1080P @ 60fps(ISO-14496)

WMV / VC-1 SP / MP / AP〜1080P @ 60fps

AVS-P16(AVS +)/ AVS-P2 JiZhunプロファイル1080P @ 60fpsまで

2P @ 1080fps(ISO-60)までのMPEG-13818 MP / HL

1P @ 1080fps(ISO-60)までのMPEG-11172 MP / HL

RealVideo 8 / 9 / 10〜1080P @ 60fps

梱包と包装

Beelink GT-Kingは非常に簡単に梱包されていました。たとえば、Beelink GT1 Miniや前身のBeelink GT1 Ultimateとは異なり、キット全体が1つの箱に収められています。 リモコンはビニール袋に詰められており、HDMIケーブルは電源からの電線と同様に独自のケーブルタイでねじられています。

パッケージに含まれるもの:

  • Beelink GT-King
  • HDMIケーブル
  • 電源ユニット
  • リモートコントロール(リモート内に隠されたUSBアダプター)
  • 簡単な説明(ロシア語を含む)
  • サポート連絡チケット

リモコンについては別途。 リモートコントロールは2x AAAバッテリー(別売)で動作し、ワイヤレスUSBアダプターを介してコンソールに接続します。 電源ボタンを除くリモコンのすべてのボタンは、USBアダプターが接続されている場合にのみ機能します。 電源ボタンはIRレシーバーを介して機能します。

リモコンには、内蔵のジャイロスコープと音声検索用のボタンがあります。 すぐに使える音声検索ボタンは、Google Assistant音声アシスタントのみを起動できます。 コンソールにインストールされたアプリケーションでの音声検索については、追加の設定なしで話をしていません。 ただし、10分の余分な時間を費やした後、すべてを構成できます。

リモコンのすべてのボタンは正常に動作し、電源ボタンはさまざまなモード、シャットダウン、スリープモード、再起動用に設定できます。

外観

Beelink GT-Kingはいくつかの設計革新を受け、まず大きくなりました。これは、トッププロセッサが存在する場合のケースサイズの増加の理由であり、アクティブな冷却の欠如です。 第二に、明るい目をした頭蓋骨の彫刻がケースに現れ、オン状態では目が緑色に輝き、バックライトは純粋に装飾的です。

前面には、音声検索用の内蔵マイクの穴があります。 左端には、2 USBポートの3.0とメモリカードスロットがあります。 後縁には、電源コネクタ、HDMI 2.1ポート、USB 2.0ポート、SPDIFポート、AVポートがあります

右端にコネクタはありません

Beelink GT-Kingの下部には、マーキング(シリアル番号)と更新モードを有効にするための穴があります

起動とインターフェース

すべての先行モデルと同様に、Beelink GT-Kingを初めてオンにすると、初期セットアップウィザードが起動し、言語、タイムゾーンなどが選択されます。

Android 9の更新バージョンにもかかわらず、コンソールのインターフェースは変更されておらず、ランチャーとホーム画面は同じに見えます

プレフィックス設定 Beelink GT - 神様です。

コンソールにインストールされているファームウェアバージョンでは、次の設定を使用できます。

ディスプレイ -画面設定

  • 画面の解像度 -画面解像度の設定
    • 最適な解像度への自動切り替え-最適な画面解像度への自動切り替え
    • 表示モード(480p 60 hzから4k 2k 60hz)-画面解像度の手動選択
    • 色深度設定-色深度設定
    • 色空間設定-色空間設定
  • スクリーン位置 -画面ズーム設定
  • HDRからSDR -HDR画像のSDRへの自動変換(HDRサポートなしでテレビに接続する場合に推奨)
  • SDRからHDR -SDR画像のHDRへの自動変換(HDRサポート付きのテレビに接続する場合に推奨)

HDMI CEC -テレビのリモコンを介してセットトップボックスを制御するための設定(すべてのテレビがサポートしているのではなく、基本的に近年のテレビにはSMART機能がサポートされていますが、この標準をサポートするテレビでは正常に動作します)

オーディオ 出力 サウンド出力オプション、HDMIとSPDIF経由の出力を選択できます

パワーキー 定義 -リモートコントロールのオン/オフボタンでアクションを設定すると、次のアクションを設定できます:シャットダウン、スリープモードに入る、再起動。

その他 設定 -デバイス設定の完全なリストを開きます

Beelink GT-Kingでの音声検索

コンソールには音声検索がありますが、残念ながら検索はBeelink GT-Kingにインストールされたアプリケーション内では機能しません。 リモコンのマイクをクリックすると、Google Voice Assistantが起動します。 インストールされたアプリケーション内で検索を構成するには、時間をかけてコンソールの内部設定を変更する必要があります。

テスト

伝統的に、我々はAntutuベンチマークから始めます、Beelink GT-King接頭辞は105 000ポイント以上を獲得しました

次のGeekbench 4テスト

3DMARK

1つのAndroid TV Boxにこのようなインジケーターはありません。これは、Androidコンソールの新しいフラッグシップです。

加熱と調整

ストレスロードモードでは、温度は73度のレベルに維持され、長時間のロード中の速歩は13%でした

ファンまたは大型の120 mmクーラーを備えたスタンドの形で基本的な冷却システムをコンソールに適用すると、速歩は完全に消え、温度は69-71度のレベルのままになることに注意してください

また、ビデオを視聴する目的でコンソールを使用する場合は、速歩について何も話さないことに注意してください。 CPU負荷は、すべてのコアで同時にクリティカルレベルに達しません。 ゲームに関しては、すぐにではありませんが、速歩が存在しますが、ゲームプレイでは目立ちません。 プロセッサ自体は十分に強力であり、コアの動作周波数を下げても、コンソールの全体的なパフォーマンスには影響しません。

ネットワークインターフェース

有線接続に関しては、問題はありません。1Gbitで宣言された速度は正しいです。

ただし、Wi-Fi接続には一定の制限があり、2,4 Ghzでは速度が70-100 Mbit前後で変動し、5 GHzでは速度が300 Mbitに維持されます。

ビデオを見る

実際、このデバイスの本質は、あらゆるソースからのビデオ再生です。 ビデオのテストには、KidiとMX Playerが使用されました。 ビデオストレージとしてNAS Synology DS718 +を使用しました。 ビデオ素材は、異なる品質(4k、1080p)および10Gbから100Gbまでの異なるサイズの複数のビデオクリップで構成されていました。

ローカルビデオの再生は、トップエンドのAmlogic S922Xプロセッサのおかげで完全に機能し、ダウンロードもスローダウンも一切ありません。すべてのビデオ形式がスムーズに再生され、すぐに巻き戻されます。

ネットワークケーブルを接続した状態でビデオを表示したり、ローカルで再生したりしても、問題は明らかになりませんでした。

しかし、Wi-Fi経由でビデオをテストするとき、コメントがありました。 2.4 GHzの周波数で接続した場合、通常30 Gbまでのサイズのファイルのみが再生され、巻き戻しには非常に長い遅延がありました。 5.8 Ghz周波数でテストする場合、ビデオの滑らかさの問題は認められませんでしたが、遅延を巻き戻すと、有線接続に比べて遅延が長くなりました。

それでも、完全な快適さのために、最速として有線接続を使用してください。

重要な点は、メーカーがフォーラムでこのセットトップボックスがDolbyTrueHD、DTS、Dolby Atmosコーデックをサポートしていないと書いたにもかかわらず、これらのコーデックでサウンド転送テストを実行したことです。 テストはNAD M17レシーバーで実行され、セットトップボックスはHDMIとSPDIFの両方を介して接続されました。 残念ながら、実際にはサポートはありませんが、これらのコーデックはデバイス自体にインストールされています。次のファームウェアで状況が改善される可能性があります。 この件に関するニュースがある場合は、このレビューを確実に補足し、テスト結果を公開します。

Игры

このプレフィックスはゲームと呼ぶことができ、コンソールでは非常に「重い」ゲームでも非常にうまく機能します。 次のゲームがテストで開始されました。

  1. PUBG Mobile
  2. リアルレーシング3
  3. タンクブリッツの世界

予想どおり、ゲームでは問題は見られませんでした。ゲーム中に速歩が気づかなかったように、すべてがフリーズなしでスムーズに実行されます。ゲームコンソールを長く使用すると、速歩がより顕著になる可能性がありますが、1時間でコンソールをテストするときはゲームでは、接頭辞は65度までしかウォームアップしませんでした。

所見

これは、新しいトップエンドのAmlogic S922Xプロセッサで市場に参入した最初のコンソールであり、もちろん欠陥があります。 もちろん、Beelinkは近い将来、ファームウェアのアップデートをリリースします。これにより、機能が拡張され、エラーが修正されますが、現時点では、新しいフラッグシップを要約できます。

のために:

  • これまでで最速のプロセッサー
  • 存在するすべてのビデオ形式とコーデックのサポート
  • コンソールをゲームコンソールとして使用する機能
  • ランチャーを変更し、Google Playから追加プログラムをインストールすることで、コンソールを自分用にカスタマイズする機能
  • 2x USBポート3.0の存在
  • 航空による5 Ghz周波数のサポート

に対して:

  • 価格 編集者のプレフィックスは、119の価格になりました。これは、レビューを書いている時点でのコンソールの現在の価格$ 109.99です。しばらくすると、価格は再び下がるでしょう。 しかし、私たちの意見では、そのような値札は大きすぎるので、そのような接頭辞の価格はおよそ$ 100でなければなりません。
  • 加熱と速歩。 加熱と速歩はストレステストでのみ観察されましたが、すべて同じであり、すべてのプロセッサコアをロードするアプリケーションがコンソールで起動された場合、速歩を繰り返すことができます
  • Wi-Fi接続が遅い。 ルーターメーカーがワイヤレスネットワークでのデータ転送速度を平均して500 Mbit / sから1,2 Gbit / sに宣言しているという事実を考慮すると、セットトップボックスのテスト中に得られた結果は、これがビデオ視聴に干渉しないという事実を考慮しても、不満足とみなすことができますとゲーム。
  • DolbyTrueHD、DTS、Dolby Atmosのサポートの欠如(うまくいけばすぐに修正される予定です)

一般に、私たちは接頭辞が本当に好きでした。現時点ではそれは本当に新しい旗艦ですが、どれくらい時間がかかるかわかります。 競合他社がないのに加えて、このプレフィックスを推奨できます。

ここでプレフィックスを購入できます10日以内の配達。

補足

このセクションでは、Beelink GT-Kingの追加資料と追加テストの結果を公開します

HDMI-CEC

セットトップボックスの1週間の操作後、HDMI CECと呼ばれるHDMIケーブルを介した組み込みの制御機能が機能しなくなり、試行中に理由が明らかになりました。 バンドルされたHDMIケーブルにはHDMI CECのサポートがまったくないことがわかり、コンソールが最初にこのテクノロジーを介して制御されていたという事実は奇跡です。 このテクノロジーを機能させるには、1,4バージョン以上の別のHDMIケーブルを購入する必要がありますが、2.0バージョンをお勧めします

エアアップデート

最後に、17.06.19はBeelink GT-Kingの最初のアップデートである20190614-1907を作成しました。 このアップデートでは、メーカーがシステムを最適化し、いくつかのバグを修正しました。 現在テスト中です。結果については別途報告します。

Читайтетакже
注釈
Translate »