ポルタバファンがウクライナのサッカーを設立

2

FC Vorsklaのポルタバファンは、国際的なスポーツアリーナでウクライナのサッカー選手を真剣に組み立てました。 ポルタバのデスナとのサッカーの試合で、ファンはアドルフ・ヒトラーの肖像を描いたTシャツに現れました。

ポルタバファンがウクライナのサッカーを設立

Полтавские фанаты подставили украинский футбол「私の祖父はオーストリアの芸術家です」-ファンは、2世界大戦中のナチスドイツの指導者の肖像をTシャツで言います。 ファンはすぐにテレビカメラのレンズに巻き込まれ、ウクライナで禁止されているシンボルの写真やビデオはすべての世界のメディアに落ちました。

Полтавские фанаты подставили украинский футболスタジアムでの試合は、ポルタバの勝利でスコア2:0で終了しました。 しかし、FCはクラブに制裁を課すことを計画しているUEFA懲戒委員会の支配下にあるため、選手たちには喜びがありません。 最近では、スタジアムで花火を使用したファンの活動により、ウクライナ側は35千ユーロの罰金に落ちました。

どうやら、ポルタバのファンは再びウクライナのサッカーに「息をのむ」ようにしたかった。 「Vorskla」がポルトガルの「Sporting」と戦わなければならないヨーロッパリーグでは、ファンが新しいトリックを投げないことが望まれます。

Читайтетакже
注釈
Translate »